故ダイアナ妃や昔ビクトリア女王が住んでおられたケンジントン宮殿。



王室のものだけにお庭の手入れの入れ方が違います。
この季節のロンドンはまぶしいくらい光がサンサン降り注いでいるので、
誰が撮ってもポストカードのように映ります。


中には入れないので分かりませんが、ハーブもたくさんありそうです。


scoil sionna (スコイル シオンナ)

京都のアロマセラピー教室


いよいよロンドンへ出発。
トランジットで降りたったドバイ国際空港で

ひとときのアラビアンタイム。。



海外を旅すると、皆さんいろんな香りをつけられているので
日本から行くと、ある意味「鼻」が飽和状態になります。


それでもと、前から憧れていたアラブな香りを求めて空港内を散策。
メイドインUAEの香水やコロンがお手頃な価格でたくさんありました。
目も楽しませてくれるきらびやかなデザインで、女子としてはワクワクする時間です。


オーソドックスではなく、モダンな香りのパルファムにしてみました。
ローズ、沈香、サフランの香りが広がった後、
ウッディ系の香りが長く続きます。
それ以上の香りの成分は分かりませんが、白檀らしき香りもするような。


日本でこの香りをつける機会は難しいかもと思い、
行きに買ってロンドン滞在中に楽しみました。
アラブの女性になった気分。。


そして短いトランジットとは言え、UAE通貨に両替もしました。
硬貨に描かれるは、コーヒーポット。
カルダモン入りのコーヒーをデーツ(ナツメヤシ)と一緒に頂くのは
こちらの方の習慣だとか。


scoil sionna (スコイル シオンナ)

京都のアロマセラピー教室

私用で淡路島、徳島へ。
今回の旅のお供は車の中でも簡単に使えるアロマミスト。



最近は男性のお客様で「車の中で使えるアロマ」の
お問い合せが多い中、私も積極的に使おうと持って行きました。
空気のきれいなところではいつもより香りにふれる幸せを感じれた気がしました。


朝4時に起きて真っ暗な中を京都からドライブします。
明石大橋を渡ってすぐある淡路ICにて
海から上がる美しい日の出に出会うことに。。



神戸を臨みながらの海辺のカフェは
ここ最近で一番感動したステキなスポットでした。
(こんなところで働いている人がとてもうらやましい!)


さて淡路島を縦断すると、タマネギの香りがなんともおいしそうな。
もちろん冬なので車の窓も閉め切っていますが、
それでも強く香るタマネギ。
その存在感を主張していました。


scoil sionna (スコイル シオンナ)

京都のアロマセラピー教室


フラットの前庭で毎日見ていた赤いローズ。
旅立ちの今日は、いつもより凛と咲いて
「また来るでしょ?」と言わんばかり。



冬は盛りの花々やハーブに触れることができませんが、
その代わりに小瓶に入った精油が私たちを幸せにしてくれます。

さて京都の自宅に戻り、旅行かばんを開けたとたん、
なんとも優しいローズの香りがフワーッと広がりました。


・ ・・・いやいや、でも次の瞬間ショックなことに気付きました。
現地で買っていたローズオットーの精油の瓶の蓋が緩んで
ほとんど漏れていたのでした。
とても高価な精油なゆえ、この事実を納得したくありませんでしたが、
苦い旅の思い出ということにしておきましょう。。。



そして最後の写真。
カタール航空の機内食は、伝統料理というラム肉のピラフ。
機内食としてはなかなかいけました。
いつか行くミドルイースト、お料理に期待できそうです。
関空に到着しても、飛行機から降りるまで旅を満喫できたことに感謝。



scoil sionna (スコイル シオンナ)

京都のアロマセラピー教室


郊外では、ときどき小さなかわいい田舎町に出会うことがあります。
この町も古くながら、こんなスタイリッシュな看板がちらほら。



ロンドンから電車で移動すること1時間半。
車窓の風景は、羊の群れ、毛布を着せられた馬、
石垣に仕切られた広い緑の大地。



今回訪れたEast Sussex州のRye。
海岸からそう遠くはない場所である故、
昔はスペインやフランスに征服された歴史もあるようです。
ハイストリートから少し坂を上ると教会やお城がありますが、
城壁の外側に大砲やギロチン台が生々しく残っていました。


波乱な歴史もありながら、チューダー様式の建物も美しく、

アンティークショップも多く見られます。



歩いていると、赤色がきれいなケシの花を見つけました。
近くの教会では、戦死者のお墓に
このケシの造花がたくさん飾られていました。
でもケシは、たしか眠りと忘却をもたらす魔女の薬草の一つですね。

かわいい町Ryeの辛い歴史と
きれいなお花ケシが持つ毒。
美しいものの奥にあるもの・・・そんなことを少し考える旅でした。



scoil sionna (スコイル シオンナ)

京都のアロマセラピー教室

 <Prev 1 2 3 ... 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 Next>